コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤敬 さとう けい

美術人名辞典の解説

佐藤敬

洋画家。大分県生。昭和53年(1978)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

佐藤敬【さとうけい】

洋画家。大分市生れ。東京美術学校在学のまま1930年パリに留学し,1932年帝展で特選となる。1936年新制作協会の創立に参加し,1952年以降パリで活躍。ヨーロッパの現代絵画を吸収し,感覚的近代主義ともいうべき独自の洗練された作風を展開,晩年は抽象表現に向かっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤敬 さとう-けい

1906-1978 昭和時代の洋画家。
明治39年10月28日生まれ。パリ留学中の作品「ル・クルン(道化者)」が昭和7年帝展特選。帰国後,新制作派協会の創立に参加。再度フランスにわたり,サロン-ド-メなどの国際展で活躍,しばしば受賞。妻は声楽家佐藤美子(よしこ)。昭和53年5月8日死去。71歳。大分県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「ノートル・ダム」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤敬の関連キーワードポランニー(Michael Polanyi)サイバネティックス海の底から佐藤 美子伊勢 正義昭和時代保守新党旧保守党

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤敬の関連情報