コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤敬 さとう けい

3件 の用語解説(佐藤敬の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐藤敬

洋画家。大分県生。昭和53年(1978)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐藤敬【さとうけい】

洋画家。大分市生れ。東京美術学校在学のまま1930年パリに留学し,1932年帝展で特選となる。1936年新制作協会の創立に参加し,1952年以降パリで活躍。ヨーロッパの現代絵画を吸収し,感覚的近代主義ともいうべき独自の洗練された作風を展開,晩年は抽象表現に向かっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤敬 さとう-けい

1906-1978 昭和時代の洋画家。
明治39年10月28日生まれ。パリ留学中の作品「ル・クルン(道化者)」が昭和7年帝展特選。帰国後,新制作派協会の創立に参加。再度フランスにわたり,サロン-ド-メなどの国際展で活躍,しばしば受賞。妻は声楽家の佐藤美子(よしこ)。昭和53年5月8日死去。71歳。大分県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「ノートル・ダム」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐藤敬の関連キーワード黒田重太郎油谷達有馬三斗枝生沢朗今井憲一大森商二刑部人佐川敏子佐野ぬい鈴木金平

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤敬の関連情報