コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤誠実 さとう じょうじつ

美術人名辞典の解説

佐藤誠実

文学博士、古事類苑編輯長、帝国学士院会員。明治41年(1908)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤誠実 さとう-のぶざね

さとう-じょうじつ

佐藤誠実 さとう-じょうじつ

1839-1908 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)10年11月23日生まれ。国学を黒川春村,儒学を安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなぶ。維新後,文部省,元老院などにつとめた。「古事類苑(こじるいえん)」の編修長となり,明治40年その大事業を完成させた。学士院会員。明治41年3月11日死去。70歳。江戸出身。初名造酒。号は黙斎。名は「のぶざね」ともよむ。編著に「語学指南」「日本教育史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤誠実

没年:明治41.3.11(1908)
生年:天保10.11.23(1839.12.28)
明治時代の国学者。初名造酒。号は黙斎。江戸浅草正行寺の生まれ。儒学を安積艮斎に,国学を黒川春村に学び,広く和漢の学に通じていた。明治5(1872)年文部省編輯寮に奉職,『古事類苑』編輯掛となる。のち東京大学古典講習科講師,東京音楽学校教授を勤める。28年,『古事類苑』編纂事業を継承した神宮司庁の推薦を受けて『古事類苑』編修長となり,熱心にこの事業を推進,ついに40年に完成させたが,翌年病気のため没した。帝国学士院会員。主著に『日本教育史』がある。

(飯倉洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さとうのぶざね【佐藤誠実】

1839~1908) 国学者。江戸生まれ。国学を黒川春村に、漢学を安積艮斎あさかごんさいに学ぶ。「古事類苑」編纂に努める。著「語学指南」「日本教育史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佐藤誠実の関連キーワード文学博士さとう佐藤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android