コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依田勉三 よだ べんぞう

2件 の用語解説(依田勉三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依田勉三 よだ-べんぞう

1853-1925 明治-大正時代の開拓者。
嘉永(かえい)6年5月15日生まれ。慶応義塾にまなび,福沢諭吉らの影響で開拓事業をめざす。明治15年晩成社を結成し,翌年北海道十勝(とかち)の帯広(おびひろ)村(帯広市)で開拓をはじめ,牧畜業などにとりくむ。ほとんどは失敗したが,十勝開発のいしずえとなった。大正14年12月12日死去。73歳。伊豆(いず)松崎(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

依田勉三
よだべんぞう
(1853―1925)

明治初期の北海道開拓者。嘉永(かえい)6年5月15日伊豆国(静岡県)の豪農の三男に生まれる。幼少より漢学を修め、のち上京して慶応義塾に学んだ。このころより福沢諭吉(ゆきち)らの影響を受けて開拓事業に関心を抱き、1881年(明治14)初めて北海道を踏査した。翌82年、郷里で晩成(ばんせい)社を組織し、十勝(とかち)国下帯広(おびひろ)村(現帯広市)を移住地に決定。83年より移住を開始したが、冷害や洪水で開拓は困難を極めた。86年には念願の牧畜業に着手するなど、多くの事業を試みたが、そのほとんどは失敗した。しかし、十勝原野開拓の礎(いしずえ)となった功績は大きい。大正14年12月12日帯広市で死去。[桑原真人]
『萩原実編『北海道晩成社十勝開発史』(1937・高山印刷/復刻・1974・名著出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

依田勉三の関連キーワード穴沢祐造伊藤広幾大崎連河喜多能達工藤轍郎佐野静雄志田力二坪田十郎真木痴嚢三好成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

依田勉三の関連情報