便利屋(読み)べんりや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人に依頼されて荷物を集配したり,他人代理をしたり,屋根や門塀などの修理をしたりするなど,さまざまな雑用とするで,別に便達ともいう。電話が未発達であったり,交通が不便だった頃には,よく利用されたが,瀬戸内海の島嶼間など一部の地方を除いて,現在ではあまりみられなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

客の依頼を受けて用事を代行する業者。依頼される用事の内容はさまざまで,引越し手伝い,清掃営繕などから,コンサート・チケット取り,電話番,犬の散歩などもある。便利屋という名称業種が定着してきたのは昭和50年代半ばで,以降それぞれの内容に専門化した代行業も発展している。飲酒した人に代わって車を運転し,人と車を送り届ける運転代行や家の掃除などは専門業者も多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

交通・通信施設が未発達な時代・地域において,物資の配達や伝言を伝えることを業としたもの。便達屋と呼ぶこともある。たとえばある村の人が隣村知人に届物をしたい時,もしくは連絡事項を伝えたい時,この便利屋に託すのである。必ずしも近距離に限られず,かなりの遠距離を往復するものもあった。料金が安く,しかも比較的確実であったため,明治・大正時代にはかなり活躍していた。発生時期は明確ではないが,形態専業兼業の2種類あった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雑用・配達などの用件を手軽に引き受けることを業とする者。便達屋。転じて、どんな用事でも簡単に引き受けて無難にやり遂げてくれる人。〔新らしい言葉の字引(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

便利屋の関連情報