保護国・被保護国(読み)ほごこく・ひほごこく

百科事典マイペディアの解説

保護国・被保護国【ほごこく・ひほごこく】

条約(保護条約)により,一方の国が他方の国の対外的な統治権の一部を行使する場合,前者を保護国,後者を被保護国と呼ぶ。被保護国を単に保護国と呼ぶこともある。被保護国は原則として自ら外交関係を処理し得るが,国際法上不完全な主体(半主権国)にとどまる。1905年から10年間,韓国は日本を保護国としていた。→宗主国・従属国
→関連項目保護領

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android