コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俵藤太物語 たわらとうだものがたり

1件 の用語解説(俵藤太物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たわらとうだものがたり【俵藤太物語】

御伽草子。田原藤太秀郷(ひでさと)の武勇譚。2巻。寛永(1624‐44)ころ刊行の絵入り刊本以後,広く流布した。朱雀院の御代,田原藤太秀郷は,近江国瀬田の唐橋に20丈ばかりの大蛇が横たわって往来の貴賤が難儀しているのを,へいきで背中を踏んで渡りおおせる。下野へ下る東海道の宿で,夜更けに二十ばかりの美しい女房に訪われ,竜宮の敵である三上山の百足(むかで)退治を依頼される。この女房は,大蛇の変化したものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俵藤太物語の関連キーワード御伽草子仮名草子俵藤太福富草子藤原秀郷仮名本唐沢山『御伽草子』伊藤英覚藤原藤成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone