コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉石武四郎 くらいしたけしろう

6件 の用語解説(倉石武四郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉石武四郎
くらいしたけしろう

[生]1897.9.21. 高田
[没]1975.11.14. 東京
中国語学者。第一高等学校を経て,1921年東京大学支那文学科卒業。東大での学問にあきたらず,京都大学大学院に進み,狩野直喜に師事。 26年京大助教授。 28~30年中国留学。 39年京大教授,49年東大教授,58年東大名誉教授

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くらいし‐たけしろう〔‐たけシラウ〕【倉石武四郎】

[1897~1975]中国語学者。新潟の生まれ。京大・東大教授。中国語の研究・教育に新しい方向を与えた。著「中国語五十年」「漢字の運命」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉石武四郎 くらいし-たけしろう

1897-1975 昭和時代の中国語学者,中国文学者。
明治30年9月21日生まれ。狩野直喜(なおき)に師事し,昭和14年京都帝大教授。15年東京帝大教授を兼任。中国語音による直読を重視する。「中国語辞典」を編集し,日中学院を創設した。昭和50年11月14日死去。78歳。新潟県出身。東京帝大卒。著作に「漢字の運命」「中国文学講話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くらいしたけしろう【倉石武四郎】

1897‐1975(明治30‐昭和50)
日本の中国語学者。新潟県生れ。東大中国文学科を出て,中国学者狩野直喜(かのなおき)を慕って京大大学院に学ぶ。昭和初期,北京に留学後,漢文訓読を排して中国語音による直読を開始,京大では清朝小学(古代漢語の史的研究)の方法を紹介した。1940年から東大教授を兼任,前後して新構想の中国語教科書を編み《支那語教育の理論と実際》で漢文教育を批判し,中国古典学の研究法を提唱。戦後,東大に専任,退官後は中国語専修の日中学院を創設し,《中国語辞典》の公刊とあわせて,日本の中国語教育に絶大な影響を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くらいしたけしろう【倉石武四郎】

1897~1975) 中国語学者。新潟県生まれ。京大・東大教授。現代中国語の研究に業績を残す。著「中国語五十年」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉石武四郎
くらいしたけしろう
(1897―1975)

中国語学者。新潟県高田(上越市)に生まれる。東京帝国大学支那(しな)文学科を出て、中国学者狩野直喜(かのなおき)を慕い京都帝国大学大学院に学んだ。昭和初期、北京(ペキン)に留学後、漢文訓読を排して中国語音による直読(ちょくどく)を開始、京大では清朝小学(しんちょうしょうがく)(中国古典語研究)の方法を整理し紹介した。1940年(昭和15)から東大教授を兼任、前後して新構想による中国語教科書と中日辞書を編集し、『支那語教育の理論と実際』では従来の漢文教育を批判して中国古典学の研究法を提唱した。第二次世界大戦後、東大に専任、退官後は中国語専修の日中学院を創設(1964)し、『中国語辞典』の刊行(1963)とあわせて、日本の中国語教育に革新的な影響を与えた。[戸川芳郎]
『『倉石武四郎著作集』全2巻(1981・くろしお出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

倉石武四郎の関連キーワード賄賂罪アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪アッタロス斡旋収賄罪津野(町)東津野身分犯フィリピン革命

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone