(読み)りん

精選版 日本国語大辞典「倫」の解説

りん【倫】

〘名〙
① ともがら。たぐい。同類。仲間。
古事談(1212‐15頃)二「体骨超於倫」 〔礼記‐曲礼下〕
② 人の守り修めるべき道。倫理。また、秩序
※童子問(1707)上「必当君臣父子夫婦之倫、而循仁義礼智之道」 〔詩経小雅・正月〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「倫」の解説

りん【倫】[漢字項目]

常用漢字] [音]リン)(
人の守るべき筋道。「倫理五倫人倫破倫不倫
同列に並ぶ仲間。「絶倫比倫
[名のり]おさむ・しな・つぐ・つね・とし・とも・のり・ひと・ひとし・みち・もと
[難読]倫敦ロンドン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android