コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏心輪 へんしんわeccentric

翻訳|eccentric

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偏心輪
へんしんわ
eccentric

回転運動を往復運動に変え,またはその逆を行う装置。偏心内輪,偏心外輪,偏心棒から成り,偏心内輪は偏心外輪に抱込まれながら自由に回転し,それ自体の中心と,回転の中心が異なるため,偏心棒に往復運動を与える。蒸気機関の弁装置,往復ポンプ,偏心プレスなどに使用される。現場用語で「えきせん」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

偏心輪【へんしんりん】

偏心した位置に回転中心をもつ円板と,それを取りまく輪からなる装置。輪は円板の周囲を滑動でき,かつ連接棒をもっている。円板の回転によりクランク軸と同様,往復運動と回転運動の変換をする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんしんりん【偏心輪 eccentric】

エキセントリックともいう。中心からある距離eだけ離れた点に回転軸をつけた円板。距離eを偏心距離という。図に示したように,偏心輪にすべり得る輪をはめ,その輪に連節棒をとりつけたものは,往復運動と回転運動を相互に変換するのに用いられる。これは機構学的にはクランク機構と同じで,クランク機構の場合は距離eが大きく,偏心輪の場合は距離eが小さいだけの相違である。偏心輪はストロークが小さい往復運動が要求される場合に利用されるが,そのほか偏心輪カムとしての使用もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偏心輪
へんしんりん

円板または円輪で円の中心点以外に回転中心のあるもの。外側に外輪をはめ、それに連結棒を取り付け、偏心輪を回転させると、連結棒は往復運動をする。構造が簡単なので、回転運動を往復運動に変える機械部品として利用範囲は広い。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android