コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧帽筋 そうぼうきんtrapezius

翻訳|trapezius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧帽筋
そうぼうきん
trapezius

部の三角形の大きな筋肉。後頭骨下部から第 12胸椎までの間の棘突起から始り,鎖骨外側と肩甲棘に付着している。副神経の支配を受け,肩甲骨脊柱に向って引く働きをする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうぼうきん【僧帽筋】

〔形状が、カプチン修道会士の頭巾ずきんに似ることからいう〕
背筋の一部。表層にあり、後頭部・頸部・背部正中線から起こって鎖骨・肩甲骨に付着する菱形の筋。上肢の運動に関与する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧帽筋
そうぼうきん

脊柱(せきちゅう)と上肢をつないでいる筋で、扁平(へんぺい)な三角形状である。底辺にあたる部分は後頭骨、項靭帯(こうじんたい)・第7頸椎(けいつい)と全胸椎の棘突起(きょくとっき)、およびその棘突起を覆う靭帯などからおこり、頂点部分は肩甲骨の肩甲棘、肩峰、鎖骨外側2分の1の部分についている。僧帽筋の名の由来は、左右の僧帽筋をあわせると不等辺四辺形となり、カトリック教フランシスコ会の一派「カプチン修道会」の修道士のかぶる長頭巾(ながずきん)カプチンcapuchinに似ることによる。僧帽筋は全体としてみると、肩甲骨および鎖骨の外側端を脊柱に向かって引く働きをするが、細かくは上・中・下の部分で働きは異なっている。上部は肩甲骨と鎖骨の肩峰端を上内方へ上げ、中部は肩甲骨を内側へ引き、下部は肩甲骨を内下方に引き下げる。なお、僧帽筋と胸鎖乳突筋とは同じ神経(副神経と頸神経叢(そう))の支配を受ける。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の僧帽筋の言及

【筋肉】より


【背部の筋肉】

[背筋]
 背部にある筋肉は,大別して浅背筋群と深背筋群に分ける。前者は背部の浅層にあり,これに僧帽筋,広背筋,肩甲挙筋,菱形筋がある。これらは背部にあるけれども発生学的には上肢の筋肉に属し,したがって支配神経は,上肢に分布する腕神経叢に由来し,またその付着部は上肢帯(鎖骨,肩甲骨)および上腕骨で,筋肉の収縮は上肢の運動に関係している。…

※「僧帽筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

僧帽筋の関連キーワード首(くび)副神経麻痺呼吸筋後頭部脳神経広背筋肩こり菱形筋表層頸部上肢背筋ウシ凝り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僧帽筋の関連情報