コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僻目 ヒガメ

デジタル大辞泉の解説

ひが‐め【×僻目】

両眼の瞳の方向が異なる目。やぶにらみ。
見まちがうこと。見誤り。「雪と見たは僻目か」
物事をかたよった考えで判断すること。偏見。
「僕の―かも知れぬが」〈森田草平煤煙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがめ【僻目】

視線の方向が正常ではない目。やぶにらみ。
まちがって見ること。見まちがい。見そこない。
かたよった考え方。偏見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

僻目の関連キーワードやぶにらみ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android