コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儀助煮 ギスケニ

4件 の用語解説(儀助煮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎすけ‐に【儀助煮】

小魚類を干したあと甘からく煮て、芥子(けし)の実・のりなどをかけ、焙炉(ほいろ)で乾かした食品。明治中期に福岡の宮野儀助が始めたという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎすけに【儀助煮】

小鯛や小海老などを煮て味をつけ、焙炉ほいろにかけて乾燥させ、青海苔のり・芥子けしの実などをまぶしたもの。福岡の名物。宮野儀助の創製という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ぎすけに【儀助煮】


福岡の郷土料理で、干した小魚をしょうゆ・砂糖・みりんなどで甘辛く煮て、けしの実・のり・とうがらしなどをふり、あぶって乾かしたもの。かたくちいわし・小あじ・小鯛・えびなどを用いる。◇明治中期、博多の商人で宮野儀助という人が考案したことから。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

儀助煮
ぎすけに

小形のカレイイワシ、その他の雑魚(ざこ)、エビなどをそのままの形で調味、焙乾(ばいかん)したもの。主として酒のつまみにする。明治の中ごろ、福岡県の宮野儀助という人が考案したところから、この名がある。全国各地で似たものがつくられている。主として小形のカレイ、アジ、カタクチイワシ、小ダイ、エビ、アオノリなどを用いる。素干し、または煮干しした原料をしょうゆ、砂糖、みりんなどをあわせた調味液で煮熟し、沸騰したら取り上げ、焙乾する。[金田尚志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

儀助煮の関連キーワード熬り干し筑前煮豚骨芋串じぶ煮じゃこ天塩汁鍋蕎麦米醤油豆の日醤油干し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone