(読み)な

精選版 日本国語大辞典「儺」の解説

な【儺】

〘名〙 疫鬼を追い払うこと。また、年中行事の一つで、大晦日の夜、疫鬼を追い払うための儀式。中国の風習が日本に伝わったもので、中国では三月・八月・一二月の三回行なったという。日本では慶雲三年(七〇六)一二月初めて行なわれた。追儺(ついな)。おにやらい。
※内裏式(833)十二月大儺式「訖方相先作儺声即以戈撃楯如此三遍、群臣相承和呼以逐悪鬼、各出四門〈略〉至宮城門外
蜻蛉(974頃)上「しはすつごもりがたに〈略〉つごもりの日になりて、なといふ物心みるを」

だ【儺】

〘名〙 悪鬼を追い払う儀式。おにやらい。→儺(な)。〔論語‐郷党

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「儺」の解説

な【×儺】

疫鬼を追い払う行事。追儺ついな。鬼遣らい。
晦日つごもりの日になりて、―といふもの試みるを」〈かげろふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【追儺】より

…大晦日の大祓(おおはらえ)についで行われた。大儺(たいな),鬼やらいともいう。古く中国に始まり,《周礼(しゆらい)》によれば方相氏(ほうそうし∥ほうしようし)と称する呪師が熊の皮をかぶり,四つの黄金の目玉のある面をつけ,黒衣に朱の裳(も)をつけ,手に戈(ほこ)と盾(たて)とをもって疫鬼を追い出した。…

※「儺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android