コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(読み)ナ

大辞林 第三版の解説

な【儺】

疫病の神を追い払う儀式。追儺ついな。 「つごもりの日になりて-といふもの試みるを/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【追儺】より

…大晦日の大祓(おおはらえ)についで行われた。大儺(たいな),鬼やらいともいう。古く中国に始まり,《周礼(しゆらい)》によれば方相氏(ほうそうし∥ほうしようし)と称する呪師が熊の皮をかぶり,四つの黄金の目玉のある面をつけ,黒衣に朱の裳(も)をつけ,手に戈(ほこ)と盾(たて)とをもって疫鬼を追い出した。…

※「儺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

儺の関連情報