先駆け/先駈け/魁(読み)サキガケ

デジタル大辞泉の解説

さき‐がけ【先駆け/先×駈け/×魁】

[名](スル)
他の者に先んじて敵中に攻め入ること。「―の功名」
他のものより先になること。また、そのもの。先駆(せんく)。「春の―をする」「流行の―」

さきがけ[彗星探査機]

昭和60年(1985)1月に打ち上げられた彗星探査試験機MS-T5の愛称。宇宙科学研究所(現JAXA宇宙航空研究開発機構)が開発。日本で初めて惑星間空間に到達し、76年ぶりに回帰したハレー彗星に700万キロメートルまで接近。探査機すいせいとともに国際協力探査計画に参加し、付近の太陽風やプラズマ観測に成功した。以降、14年にわたって太陽風の観測を続け、平成11年(1999)1月に運用終了。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例