光り物(読み)ヒカリモノ

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐もの【光り物】

光を放つ物。光って見えるもの。流星・いなずまなど。
金貨・銀貨。
金属類。特に、銅・真鍮(しんちゅう)など、値のはるもの。再生資源回収業者がいう。
鮨(すし)種で、はだが青白く光る魚。コハダ・サバ・アジなど。
花札で、松・桐(きり)・桜・坊主の各20点札。
連歌・俳諧で、日・月・星など光るものをいう語。
光を出して恐れられるもの。鬼火・人だまなど。
「御堂の側(かたはら)に―出できたり」〈平家・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひかりもの【光り物】

光を出すもの。つやのあるもの。特に、流星・金銀など。
古物商・廃品回収業などで、金属。特に、真鍮しんちゆう・銅などのこと。
背が青みを帯び、腹が銀白色に光って見える魚。コノシロ(コハダ)・アジ・サバなどで、特に皮つきのまま酢でしめて料理したもの。
花札で、松・桐・薄すすき(坊主)・桜・柳(雨)の二〇点札。
鬼火・妖怪など、不気味な光を発するもの。 「御堂のかたはらに-いできたり/平家 6
連歌・俳諧で、月・星など、天象のうち光るものをいう語。三句隔てる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光り物の関連情報