コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光重合 ヒカリジュウゴウ

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐じゅうごう〔‐ヂユウガフ〕【光重合】

光の照射によって起こる付加重合。印刷用写真製版や集積回路の製作に利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりじゅうごう【光重合 photopolymerization】

〈こうじゅうごう〉ともいう。同じ種類の小さい分子が互いに多数結合して巨大な分子,すなわち高分子を生成する重合反応を,光の照射によって行わせること。原料の小さい分子,すなわちモノマー(単量体)が光のエネルギーを吸収して励起されて反応性の高い化学種であるラジカル(遊離基)やイオンとなり,これが重合反応を開始する場合と,モノマー以外のなんらかの化合物が光によって励起されて反応性の高い化学種を生じて重合反応をひき起こす場合があり,後者は光増感重合と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうじゅうごう【光重合】

ひかりじゅうごう【光重合】

光の照射によって反応が進行する重合反応。これを利用した感光性樹脂は、印刷版をはじめ、インク・塗料などに応用されている。こうじゅうごう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光重合
こうじゅうごう
photopolymerization

光照射により開始される重合反応。熱重合または触媒熱重合よりも低温で効率よくおこるので、工業的に重要な応用例が多い。反応物分子に直接光を吸収させ、電子のエネルギー準位を高め反応させる非増感重合と、共存する第三者的分子である増感剤に光を吸収させ、そのエネルギーの反応物分子への移動により反応をおこさせる増感重合の二つが知られている。
 重合形式には二つの型がある。第一の形式は、光照射によって原料低分子または重合開始剤の原子間の結合が切れて、ラジカル(遊離基)を生成して重合が連続的に進行する例で、1個の開始剤または光量子により104~106の単量体(モノマー)を重合させることができる。光情報記録への応用などがある。第二の形式は、重合体(ポリマー)のなかに存在する二重結合を光照射により交差結合をおこさせ、ポリマーの性質を著しく変化させるものである。ケイ皮酸エステル基を含むポリマーでは、光照射によって二重結合どうしが光重合し、不溶性となる例がある。
 光重合はフォトレジスト、写真の画像形成、写真印刷、複写、溶媒を用いない木材・金属の被覆、乾性インクなど、技術革新に役だっている。[向井利夫]
『徳丸克己編『共立ライブラリー17 光化学の利用』(1978・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光重合の言及

【光重合】より

…また光によって互いに付加しやすい不飽和基を2個もつ化合物から高分子が生成する反応もある。モノマーとポリマー(重合体)とでは溶解性に差があるので,光重合反応を印刷製版などのための画像形成に利用することができる。たとえば光重合するモノマーと適当な高分子を混ぜたものを支持体に塗布し,ネガを通じて光を照射すると光の当たった部分が重合して不溶となり,溶媒によって処理すると画像が得られる。…

※「光重合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光重合の関連キーワードエネルギー変換用色素紫外線硬化性樹脂ベンゾフェノン紫外線ランプ蛍光性色素光化学反応光増感色素感光性樹脂感光材料印刷版

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android