コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免許漁業 メンキョギョギョウ

デジタル大辞泉の解説

めんきょ‐ぎょぎょう〔‐ギヨゲフ〕【免許漁業】

都道府県知事の漁業免許によって与えられた漁業権に基づいて行われる漁業。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めんきょぎょぎょう【免許漁業】

都道府県知事の免許により設定される漁業権に基づいて行われる漁業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

免許漁業
めんきょぎょぎょう

漁業法の規定により、都道府県知事により免許された漁業権に基づき一定水面で排他独占的に行われる漁業のことで、漁業権漁業ともいわれ、定置漁業、区画漁業、共同漁業の三つに分類される。
(1)定置漁業 一般に身網(みあみ)の設置場所の水深が27メートル以上(沖縄県では15メートル以上)ある大型定置網漁業をさし、共同漁業権に属する小型定置網漁業と区別される。ただし、北海道のサケ捕獲を目的とした定置網漁業、青森県陸奥(むつ)湾の落し網漁業、瀬戸内海の桝(ます)網漁業についてはそれぞれが定置漁業権漁業である。
(2)区画漁業 水産動植物の養殖業のことで、その生産のために一定の場所を保有する区画の仕方により3種に分類される。また、免許対象者を漁業協同組合(漁協)などの漁業者団体に限定した特定区画漁業権の区分がある。
(3)共同漁業 一定地区の漁業者が特定の地先水面を共同で利用するための漁業権漁業で、漁業の対象や方法により以下の5種類に分類される。第1種は、魚貝藻類のうち大臣の指定する定着性生物(磯根(いそね)資源)を対象とする漁業。ただし、いわゆる浮き魚(うお)とよばれる表層魚は除く。第2種は、固定刺網や小型の定置網、および(えり)、簗(やな)などの網漁具を固定して敷設する漁業。第3種は、地引網漁業とこれと同じ性質の地こぎ網と船引網漁業、ブリなどの飼付(かいつけ)漁業、および人工魚礁に魚を集めてとる築磯(つきいそ)漁業。第4種は、瀬戸内海などでの特殊な漁法である寄魚(よりうお)漁業や鳥付(とりつけ)こぎ釣り漁業。第5種は、河川や湖沼の内水面と大臣が指定する湖沼に準ずる閉鎖海面で営まれる漁業である。[長谷川彰・廣吉勝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

免許漁業の関連キーワード許可漁業漁業登録

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

免許漁業の関連情報