コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

区画漁業 くかくぎょぎょう

4件 の用語解説(区画漁業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

区画漁業
くかくぎょぎょう

漁業法の規定に基づき,都道府県知事の免許を得て,海や河川,湖沼の一定水面区域で営む養殖業をいう。漁業法で用いられている用語。 (1) のり,かき,真珠などの養殖業,(2) えび,ぶりなど魚類の養殖業,(3) あさり,はまぐりなど貝類の養殖業の3種に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くかく‐ぎょぎょう〔ククワクギヨゲフ〕【区画漁業】

漁業法に基づいて免許を受け、一定の区域内で水面を区画して行う漁業。ノリ・カキ・魚類の養殖など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くかくぎょぎょう【区画漁業】

免許漁業の一。水面を区画して行う漁業。海苔のり・魚類・貝類の養殖業など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

区画漁業
くかくぎょぎょう

免許漁業の一種。漁業法に基づく漁業権として免許され、一定区域内で営まれる養殖業のこと。区画の仕方によって3種類に分類される。第1種は、敷設物で海面を小割りにしてノリ、カキ、魚類などを養殖するもの。第2種は、海面を大きく囲い込んでおもに魚類を養殖するもの。第3種は、それ以外の養殖業(おもに貝類の地蒔(じまき)式養殖)である。また、ノリのひび建て養殖業(法令表記は「ひび建養殖業」、以下同)、藻(そう)類養殖業(そう類養殖業)、小割り式養殖業、垂下(すいか)式養殖業、貝類の地蒔式養殖業(地まき式漁業)の5種はとくに特定区画漁業と称され、漁業協同組合などの漁業者団体にしか免許されない養殖業である。[長谷川彰・廣吉勝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

区画漁業の関連キーワード一部事務組合漁業免許製菓衛生師都道府県知事免許漁業狩猟免許都道府県知事免許漁業権漁業森林の転用用途別面積森林計画区

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

区画漁業の関連情報