コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国区 ゼンコクク

デジタル大辞泉の解説

ぜんこく‐く【全国区】

全国を一つの区とする選挙区。日本では参議院議員選挙で行われていたが、昭和58年(1983)比例代表制が導入された。→地方区
その名が全国に知れ渡っていること。また、全国どこでも手に入ること。「小さな会社だが製品は全国区だ」「人気に火がついて全国区ブランドとなる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんこくく【全国区】

全国を一区とする選挙区。1983年(昭和58)に導入された比例代表制制定以前に参議院議員選挙で行われていた。 ↔ 地方区

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全国区
ぜんこくく

1982年の公職選挙法一部改正(昭和57年法律81号)以前においては、参議院議員定数252人のうち、100人(全国選出議員)は全国都道府県を1選挙区として比較多数得票主義により選出され、152人(地方選出議員)は各都道府県を1区域とする各選挙区において選挙された。前者の全国都道府県を1選挙区として選挙する選挙区割を全国区といい、後者を地方区という。大選挙区制である全国区を参議院に採用した理由は、二院制の趣旨にかんがみ、衆参両院の構成をできるだけ異質的なものとするためであった。すなわち、衆議院における地域代表的構成、数の政治に対して、職能代表的構成、理の政治を参議院の特色にしようとする趣旨からであった。しかし、現実には、全国区も政党・大組織をバックにした候補者や有名タレント候補以外の当選は困難であり、莫大(ばくだい)な選挙費用を要するなどの理由から、1982年の法改正で、従来の全国区にかわって拘束名簿式比例代表制が導入された。[三橋良士明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全国区の関連情報