コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八条流 はちじょうりゅう

2件 の用語解説(八条流の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はちじょうりゅう【八条流】

馬術の流派の一。天文(1532~1555)の頃、八条近江守房繁ふさしげに始まる。小笠原流の系統。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八条流
はちじょうりゅう

古流(こりゅう)馬術の一つ。大坪、小笠原(おがさわら)、内藤の諸流とともに、古流四流といわれる。流祖は大永(たいえい)~天文(てんぶん)ころ(1521~55)に活躍した八条近江守房繁(おうみのかみふさしげ)。房繁は関東管領(かんれい)上杉氏の所領であった武蔵(むさし)国八条領(埼玉県南埼玉郡)の出身と伝え、初め小笠原民部少輔(しょう)植盛(うえもり)について甲斐(かい)源氏伝来の馬芸を学び、さらに自己の創意工夫を加えて一流を始め、馬術中興以来の名人といわれた。房繁の弟兵部大輔(ひょうぶだゆう)房隆(ふさたか)および子の六郎朝繁(ろくろうともしげ)もともに芸の精妙をうたわれ、この一門に遊ぶ者が多かったという。越えて近世の初頭、元和(げんな)・寛永(かんえい)年間(1615~44)には直系を継いだ荒川長兵衛重世(ちょうべえしげよ)はその妙技を称せられて流名を高め、尾張(おわり)の徳川義直(よしなお)に召し出されて御厩(おうまや)別当となった細野篠兵衛(しのべえ)(号一雲(いちうん))、水戸の徳川頼房(よりふさ)に仕え、のち新八条流の祖となった関口八郎右衛門(せきぐちはちろうえもん)信重(のぶしげ)などを輩出した。また地方諸藩のうち仙台藩の八条流も有名で、高麗(こうらい)流八条家馬術を称した岩淵(いわぶち)家および及川(おいかわ)、草苅(くさかり)の三家が同藩の馬術師範家を独占的に世襲していた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八条流の関連キーワード法華一揆犬筑波集享禄天文ルイス・フロイスカハマルカガルガンチュワとパンタグリュエル漢水享禄君主論

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone