コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公訴権濫用 こうそけんらんよう

1件 の用語解説(公訴権濫用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうそけんらんよう【公訴権濫用】

検察官が公訴提起(起訴)の権限を濫用して,不当に公訴を提起すること。この場合には,公訴の提起は違法・無効であり,公訴棄却の判決(刑事訴訟法338条4号)により訴訟を打ち切るべきだとする見解が強い。公訴権濫用論は,第2次世界大戦後のいわゆる労働公安事件における弁護人の実践活動のなかから生まれたもので,その後の学界における公訴権理論の深化とも相まって,刑事訴訟法上の重要課題となっている。 公訴権濫用として論じられるものには,一般に,(1)嫌疑不十分の起訴,(2)起訴猶予裁量権(刑事訴訟法248条)を逸脱・濫用した起訴,(3)捜査段階に著しい違法があった場合の起訴,の三つがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公訴権濫用の関連キーワード検察官公訴不起訴処分起訴状一本主義起訴相当公訴権在宅起訴不起訴相当立件起訴(提訴)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone