コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公訴権濫用 こうそけんらんよう

世界大百科事典 第2版の解説

こうそけんらんよう【公訴権濫用】

検察官が公訴提起(起訴)の権限を濫用して,不当に公訴を提起すること。この場合には,公訴の提起は違法・無効であり,公訴棄却の判決(刑事訴訟法338条4号)により訴訟を打ち切るべきだとする見解が強い。公訴権濫用論は,第2次世界大戦後のいわゆる労働公安事件における弁護人の実践活動のなかから生まれたもので,その後の学界における公訴権理論の深化とも相まって,刑事訴訟法上の重要課題となっている。 公訴権濫用として論じられるものには,一般に,(1)嫌疑不十分の起訴,(2)起訴猶予裁量権(刑事訴訟法248条)を逸脱・濫用した起訴,(3)捜査段階に著しい違法があった場合の起訴,の三つがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公訴権濫用の関連キーワード公訴権の濫用不起訴処分検察審査会準起訴手続免訴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android