公訴権濫用(読み)こうそけんらんよう

世界大百科事典 第2版の解説

こうそけんらんよう【公訴権濫用】

検察官が公訴提起(起訴)の権限を濫用して,不当に公訴提起すること。この場合には,公訴の提起は違法・無効であり,公訴棄却判決(刑事訴訟法338条4号)により訴訟を打ち切るべきだとする見解が強い。公訴権濫用論は,第2次世界大戦後のいわゆる労働公安事件における弁護人の実践活動のなかから生まれたもので,その後の学界における公訴権理論の深化とも相まって,刑事訴訟法上の重要課題となっている。 公訴権濫用として論じられるものには,一般に,(1)嫌疑不十分の起訴,(2)起訴猶予裁量権(刑事訴訟法248条)を逸脱・濫用した起訴,(3)捜査段階に著しい違法があった場合の起訴,の三つがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android