コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六体 リクタイ

デジタル大辞泉の解説

りく‐たい【六体】

漢字の六種の書体。大篆(だいてん)小篆八分(はっぷん)隷書行書草書。また、古文・奇字・篆書・隷書・繆篆(びゅうてん)・虫書。六書(りくしょ)。ろくたい。
書経」の六種の文体。典・謨(ぼ)・誓・命・訓・誥(こう)。ろくたい。

ろく‐たい【六体】

和歌の六種の形式。長歌短歌旋頭歌(せどうか)混本歌折句沓冠(くつかぶり)の称。
りくたい(六体)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りくたい【六体】

ろくたい【六体】

漢字六種の書体。大篆だいてん・小篆・八分はつぶん・隷書れいしよ・行書・草書、または古文・奇字・篆書・隷書・繆篆びゆうてん・虫書の総称。六書。りくたい。
和歌の六つの形式。長歌・短歌・旋頭せどう歌・混本歌・折句歌・沓冠くつかぶり歌の六つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六体の関連情報