コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六条御息所 ロクジョウノミヤスドコロ

デジタル大辞泉の解説

ろくじょう‐の‐みやすどころ〔ロクデウ‐〕【六条御息所】

源氏物語中の人物。ある大臣の娘。東宮に仕えて秋好(あきこのむ)中宮を産むが、東宮に死別。のち光源氏の愛人となるが、生霊(いきりょう)となり葵の上をとり殺す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六条御息所 ろくじょうのみやすどころ

「源氏物語」の登場人物。
某大臣の娘で,16歳のとき東宮にとつぎ,秋好(あきこのむ)中宮を生む。20歳で東宮と死別。8歳年下の光源氏の求愛をうけいれるが,源氏の心がわりに苦悩し,生霊(いきりょう)となって源氏の正妻葵上(あおいのうえ)をとり殺す。死後も怨霊(おんりょう)となって,紫上(むらさきのうえ)や女三宮(おんなさんのみや)をくるしめる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろくじょうのみやすどころ【六条御息所】

源氏物語の作中人物。光源氏の愛人。秋好あきこのむ中宮の母。車の所争いで葵の上の下人に恥辱を受け、生霊いきりようとなって葵の上をとり殺す。没後もその死霊は紫の上、女三の宮を襲う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の六条御息所の言及

【野宮】より

…作者は不明。シテは六条御息所(ろくじようのみやすどころ)の霊。旅の僧(ワキ)が京都嵯峨野の野宮の旧跡を訪れると,若い女(前ジテ)が来かかり,この野宮は,昔,六条御息所が伊勢の斎宮(さいぐう)となった息女とともに籠った所だと話して聞かせる。…

※「六条御息所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六条御息所の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物偐紫田舎源氏野宮(能)後妻打ち女三の宮作中人物車争ひ恥辱下人死霊没後野宮

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六条御息所の関連情報