コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同債権買取機構 きょうどうさいけんかいとりきこう

2件 の用語解説(共同債権買取機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同債権買取機構
きょうどうさいけんかいとりきこう

バブル経済の崩壊で生じた金融機関不良債権の処理を促進するため金融機関が共同で設立した会社。金融機関から不動産担保つき債権を買取り,それによって金融機関は不良債権を償却し経営の健全化がはかれるというのがこの機構の目的。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

共同債権買取機構【きょうどうさいけんかいとりきこう】

金融機関の不良債権処理を円滑に進める目的で,金融機関から不動産担保付の債権を買い取る株式会社民間金融機関都市銀行長期信用銀行信託銀行など162の金融機関)の共同出資で1993年1月に設立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の共同債権買取機構の言及

【金融機関】より

…バブル崩壊による地価下落→不良債権増加→金融不安という悪循環が株価・景気の足を大きく引っ張っていることをようやく認識・表明したのは,大蔵省の〈金融行政の当面の運営方針〉(1992年8月)である。これにより1993年1月金融機関出資による不動産担保付債権買取会社として共同債権買取機構が設立された。次いで,東京協和,安全の2信用組合が破綻すると,95年1月,その受皿として東京共同銀行が設立された。…

※「共同債権買取機構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

共同債権買取機構の関連キーワード住宅金融債権管理機構整理回収機構整理回収銀行バブル金融不安バブル現象バブル時代失われた二十年バブル崩壊足利銀行の経営破綻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone