コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同債権買取機構 きょうどうさいけんかいとりきこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同債権買取機構
きょうどうさいけんかいとりきこう

バブル経済の崩壊で生じた金融機関不良債権の処理を促進するため金融機関が共同で設立した会社。金融機関から不動産担保つき債権を買取り,それによって金融機関は不良債権を償却し経営の健全化がはかれるというのがこの機構の目的。 1993年3月1日に都市銀行,地方銀行など 162の民間金融機関が参加した。債権買取資金は,その債権を同機構に持込んだ金融機関自身が出すため,この機構の設立で不良債権を抱えた金融機関が資金的に救われるわけではない。あくまでも会計処理上の不良債権にすぎないとの見方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

共同債権買取機構【きょうどうさいけんかいとりきこう】

金融機関の不良債権処理を円滑に進める目的で,金融機関から不動産担保付の債権を買い取る株式会社。民間金融機関(都市銀行,長期信用銀行信託銀行など162の金融機関)の共同出資で1993年1月に設立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の共同債権買取機構の言及

【金融機関】より

…バブル崩壊による地価下落→不良債権増加→金融不安という悪循環が株価・景気の足を大きく引っ張っていることをようやく認識・表明したのは,大蔵省の〈金融行政の当面の運営方針〉(1992年8月)である。これにより1993年1月金融機関出資による不動産担保付債権買取会社として共同債権買取機構が設立された。次いで,東京協和,安全の2信用組合が破綻すると,95年1月,その受皿として東京共同銀行が設立された。…

※「共同債権買取機構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

共同債権買取機構の関連キーワード金融再生トータルプランノンバンク

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android