共生・共棲(読み)きょうせい

大辞林 第三版の解説

きょうせい【共生・共棲】

( 名 ) スル
一緒に生活すること。 「融然として相容れ、怡然いぜんとして-す/自然と人生 蘆花
〘生〙 異種の生物の共存様式。普通、二種の生物が互いに利益を交換して生活する相利共生をさす。アリとアリマキ、ヤドカリとイソギンチャク、根粒バクテリアとマメ科植物など。
〘心〙 子と母親の相互依存の状況。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android