内侍宣(読み)ナイシセン

世界大百科事典 第2版の解説

ないしせん【内侍宣】

平安時代,天皇勅命の伝達手段の一つ。(1)内侍司(ないしのつかさ)の女官が勅命を担当官に口頭で伝宣すること,またはその内容。(2)内侍司の女官の口頭伝宣の内容をうけたものがこれを紙上に書きとどめた覚書,またはこれを転用して当事者に与えた文書。内侍司は天皇に供奉し奏請・宣伝を職掌としていたが,これら内侍の当番のものが,太政官の上卿をはじめとする関係官人に勅旨を伝えた。9世紀初め蔵人所の設置に伴い,内侍の奏請・宣伝機能は蔵人所に吸収されるが,検非違使(けびいし)庁への勅旨の伝宣はなお内侍から伝えさせる形式をとった(実際は蔵人が伝宣する)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないしせん【内侍宣】

勾当こうとうの内侍が天皇の命を口頭で伝える内容を記した文書。内宣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ないし‐せん【内侍宣】

〘名〙 主に平安時代、後宮の内侍司の女官が天皇の勅を承って太政官の上卿(しょうけい)や検非違使に伝宣する宣旨。検非違使に対しては上卿を経ないで、直ちに下される。奈良時代から、内侍より上卿に口頭で勅旨を伝宣していたが、これを受ける側が確認や再伝達のために文書を作成するようになった。様式は平安初期は通常「内侍宣」または「被内侍宣偁」と書き出し、中期以後は「典侍何某宣」で書き出す。漢文体であるが、宣命体のものもある。だいしせん。内宣。
※類聚符宣抄‐六・延暦九年(790)五月一四日「内侍宣、有勅、進奏之紙、麁悪者多。自今以後、簡清好者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内侍宣の言及

【公家様文書】より

…その淵源は二つに分けられる。一つは奈良時代に,仰せ,命令の意で広く用いられていた宣の系譜を引く内侍宣(ないしせん),宣旨(せんじ),口宣案(くぜんあん),官宣旨(弁官下文),国司庁宣,大府宣などである。内侍宣は,天皇に近侍して奏宣をつかさどる内侍司の女官が天皇の仰せを伝えるものであるが,薬子の変を機に蔵人所が置かれ(810),蔵人が天皇の仰せを,太政官の上卿に伝えるようになった。…

※「内侍宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android