コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾当内侍 こうとうのないし

5件 の用語解説(勾当内侍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勾当内侍
こうとうのないし

新田義貞の妻。藤原経伊 (つねただ) の娘で,後醍醐天皇に仕え,勾当内侍 (天皇に仕える女官。掌侍〈ないしのじょう〉4人中首席の者。長橋の局ともいい,奏請,伝宣を司る) となる。建武中興ののち,義貞に見そめられ,勅許あって,その妻となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐の‐ないし〔コウタウ‐〕【勾当内侍】

掌侍(ないしのじょう)四人のうちの第一位の者。天皇への奏請の取り次ぎ、勅旨の伝達をつかさどる。長橋(ながはし)の局(つぼね)。長橋殿。
太平記」に登場する美女。後醍醐天皇に仕えて勾当内侍となり、のち、新田義貞の妻となった。義貞の戦死後、琵琶湖に投身したとも、出家したとも伝えられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

勾当内侍

生年:生没年不詳
南北朝時代,新田義貞の妻のひとり。世尊寺経尹の娘,一条行房の妹。一説に行房の娘とも。匂当内侍は職名。『太平記』は「天下第一の美人」とする。内侍の弾く琴の音を聞いて義貞が恋慕し,歌を遣わしたのが出会いである。建武3/延元1(1336)年,足利尊氏が九州に没落していたとき,直ちに下向して討ち滅ぼすべき好機を失したのは,義貞が内侍との別れを惜しんで下向を延期したためと『太平記』は記す。また後醍醐天皇が比叡山に逃れたとき,勝に乗って追撃すべきところをしなかったのも内侍に迷ったせいだとする。節目節目で義貞の進退を誤らせた女性,つまり傾国の美女として描かれているわけであるが,これは軍記文学パターンを踏んだものと考えられ,どこまでが事実か定かではない。義貞の討死後は,出家して嵯峨の往生院辺りに住んだといわれる。なお義貞の正室は,安藤左衛門五郎重保の娘で義顕の生母。義貞が北条高時を攻め滅ぼしたとき,高時方の叔父安東聖秀命乞いをほのめかした彼女は,聖秀から逆にたしなめられたという。義貞の妻としてはほかに天野民部橘時宣の娘も知られている。

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうとうのないし【勾当内侍】

南北朝時代の女性。生没年不詳。後醍醐天皇に仕え,勾当内侍の職にあったので,その名をもってよばれる。一条経尹の三女,行房の妹。新田義貞に見そめられ,天皇の許しを得て義貞の妻となった。1338年(延元3∥暦応1)義貞が越前で戦死すると,尼になって洛西嵯峨に住み,夫の菩提をとむらった。これは《太平記》の伝えるところで,一説には琵琶湖に身を投げて義貞のあとを追ったともいう。【小田 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうとうのないし【勾当内侍】

掌侍ないしのじよう四人のうち首位にあたるもの。天皇への伝奏をつかさどる。長橋の局。長橋殿。
○ 「太平記」にみえる南北朝時代の美女。後醍醐天皇につかえて勾当内侍となり、のちに天皇が新田義貞に賜った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の勾当内侍の言及

【局】より

…位階を冠して一位局,二位局などと称し,あるいは官職を冠して大納言局,中納言局などというのは上﨟の女房で,按察使局(あぜちのつぼね),小督局(こごうのつぼね)などはこれに次ぐ。また中世以降宮中の重要な地位となった勾当内侍(こうとうのないし)は,その候所が紫宸殿から清涼殿に通ずる長橋の傍にあったので,長橋局とよばれた。近くは明治天皇の生母中山慶子,大正天皇の生母柳原愛子が二位局とか一位局と称され,武家でも将軍の居所に仕えた女房は局を称し,将軍徳川家光の乳母斎藤氏が朝廷から春日局の称をたまわったのは有名である。…

【長橋局】より

…宮中に仕えた女官で,勾当内侍(こうとうのないし)の別称。清涼殿の東南隅から紫宸殿の御後(ごご)に通ずる細長い板の橋を長橋といい,そのそばに勾当内侍の局(つぼね)があったことからこの称が生まれた。…

【女房奉書】より

…室町・戦国時代に盛んに使用された,天皇・上皇の仰せを側近の女房が奉じた仮名奉書。とくに天皇の女房奉書は勾当内侍(こうとうのないし)が奉ずる。鎌倉中期以降の公家政治は,院政にあっては伝奏(てんそう)が,親政にあっても鎌倉末までには伝奏が置かれ,政務を執る院や天皇の奏聞・伝宣の役を担っていた。…

※「勾当内侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勾当内侍の関連キーワード世尊寺伊俊安東聖秀大井田氏経義鑑額戸正忠高田義遠田所信高新田義宗渡里忠景新田義貞の四天王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勾当内侍の関連情報