コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内応 ナイオウ

デジタル大辞泉の解説

ない‐おう【内応】

[名](スル)味方を裏切ってひそかに敵と通じること。内通。「敵に内応する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ないおう【内応】

( 名 ) スル
内部の者がひそかに敵に通ずること。裏切り。内通。 「敵に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内応の言及

【返り忠】より

…主君にそむき裏切りの行為をはたらくこと。内応・内通と同義で,自軍の機密を敵に告げたり,敵を陣営内に導くこともこれに含まれる。古く《将門記》で乗馬の郎等にとりたてることを条件に平将門陣営の石井営所(いわいのえいしよ)に手引きをした丈部子春丸の例はこれにあたる。…

※「内応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内応の関連キーワードイェンバイ蜂起石橋山の戦いマラトンの戦美濃三人衆仲立ち・媒パラメデス長谷川守知小田原征伐シェル構造坂崎直盛シク戦争大友貞宗大谷吉継赤根武人少弐貞経水野信元山岡景佐上平寺城斎藤竜興蘇我果安