コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言(い)付ける イイツケル

デジタル大辞泉の解説

いい‐つ・ける〔いひ‐〕【言(い)付ける】

[動カ下一][文]いひつ・く[カ下二]
命令する。「用事を―・ける」
告げ口する。「先生に―・けてやる」
言い慣れている。いつも言って慣れている。「―・けない言葉を使う」
言って頼む。ことづけする。
「かの人の―・けしことなど、染め急ぐを見るにつけても」〈・手習〉
名づける。言いなす。
「妹背(いもせ)など―・けて語らひ侍りけるに」〈後拾遺・雑五・詞書〉
しかる。厳しく言い聞かせる。
「あのやうなる事を申す程に、―・けて下されい」〈虎明狂・連尺〉

こと‐づ・ける【言付ける/託ける】

[動カ下一][文]ことづ・く[カ下二]
人に頼んで伝言や品物を取り次いでもらう。「明日来るように―・ける」「手紙を添えて新築祝いを―・ける」
かこつける。口実にする。
「なやましきに―・けて、夜深う出で給ひて一条の宮におはしぬ」〈狭衣・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

言(い)付けるの関連キーワード妹背

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android