コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円満 エンマン

デジタル大辞泉の解説

えん‐まん〔ヱン‐〕【円満】

[名・形動]
物事のようすや人柄などが、調和がとれていて穏やかなこと。また、そのさま。「円満な夫婦」「話が円満に収まる」
まるく満ちていること。特に、顔などが豊かで福々しいこと。また、そのさま。「円満な相好(そうごう)」
完全に満ち足りていること。すべて備わっていること。また、そのさま。
「元来家に子を養うて―なりとは」〈福沢福翁百話
功徳などが十分に満ち足りること。願いなどが十分に満たされること。
「一度参詣の輩(ともがら)は、所願成就―すと承る」〈平家・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんまん【円満】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
満ち足りていて、不満や争いのない・こと(さま)。 「夫婦-」 「 -な家庭」 「紛争は-に解決した」
性格が穏やかで、かどのない・こと(さま)。 「 -な人柄」
十分に満ちて、まるいこと。また、そのさま。 「 -ノ月/日葡」
完全である・こと(さま)。 「遂に-明白なる光を見るに至るまで/西国立志編 正直
〘仏〙 悟り・智慧・往生・願いなどが完全に実現すること。成就すること。 「浄土に生まれん事、自然おのずから-しなん/今昔 7」 〔が原義〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

円満の関連キーワード丸い卵も切りようで四角デウスエクスマキナ大阪府吹田市元町丸くとも一角あれ君子は器ならず律儀者の子沢山関雎の楽しみ大津絵美術館圭角がとれる圭角が取れる丸く収める一実の円宗角が取れる円満具足うやなや円実頓悟点を打つ円満退社五仏宝冠円通大士

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円満の関連情報