円満(読み)エンマン

デジタル大辞泉 「円満」の意味・読み・例文・類語

えん‐まん〔ヱン‐〕【円満】

[名・形動]
物事のようすや人柄などが、調和がとれていて穏やかなこと。また、そのさま。「円満夫婦」「話が円満に収まる」
まるく満ちていること。特に、顔などが豊かで福々しいこと。また、そのさま。「円満相好そうごう
完全に満ち足りていること。すべて備わっていること。また、そのさま。
「元来家に子を養うて―なりとは」〈福沢福翁百話
功徳などが十分に満ち足りること。願いなどが十分に満たされること。
「一度参詣のともがらは、所願成就―すと承る」〈平家・七〉
[類語]物柔らかおとなしやかおとなしい穏やか穏和温柔柔和

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「円満」の意味・読み・例文・類語

えん‐まんヱン‥【円満】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) 仏語。功徳などが、十分に満ち足りていること。願いなどが十分に満たされること。
    1. [初出の実例]「仏万徳円満中福徳辺云宝部」(出典:秘蔵記(835頃か))
    2. [その他の文献]〔隋煬帝‐入朝遣使参書〕〔仏地経論‐一〕
  3. ( 形動 ) ( ━する ) ( から転じて ) 欠けることなく、まるく満ちていること。また、顔などが豊かにふくらんでいるさま。
    1. [初出の実例]「如来〈略〉相好円満したまひて」(出典:浄業和讚(995)上)
    2. [その他の文献]〔南史‐梁武帝紀〕
  4. ( 形動 ) ( から転じて ) 物事の状態が完全で、欠点のないさま。完全無欠。
    1. [初出の実例]「斯くて、其の方向を定めて研究に着手し、不備を補うて円満ならしめんとする」(出典:国語のため(1895)〈上田万年〉今後の国語学)
  5. ( 形動 ) 人柄、社会、物事のやり方などが、かどだたないで、穏やかなさま。
    1. [初出の実例]「家庭の幸福とか、夫婦間の円満とか云ふものは」(出典:青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「円満」の読み・字形・画数・意味

【円満】えん(ゑん)まん

仏教語。みち足りる。〔南史、梁武帝紀〕り、壇上に圓滿し、朱紫白雜色あり。頃(しばら)くにして乃ち滅す。

字通「円」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android