柔和(読み)にゅうわ

精選版 日本国語大辞典「柔和」の解説

にゅう‐わ ニウ‥【柔和】

〘名〙 (形動) 性質や態度などがやさしくて、おとなしいこと。おだやかに落ち着いていてものやわらかなこと。また、そのさま。
※性霊集‐六(835頃)右将軍於華山宅設左僕射大祥斎願文「柔物、緇素毎慕其風
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)一一「にうはなるものはちをしんだいすべきによてくはほうなり」 〔史記‐張釈之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「柔和」の解説

にゅう‐わ〔ニウ‐〕【柔和】

[名・形動]性質や態度が、ものやわらかであること。また、そのさま。「柔和なまなざし」
[類語]温厚温和穏健温良優しいマイルドまろやか穏やか穏便穏当紳士的婉曲えんきょく甘美快美当たらず触らず物柔らか曖昧ほどほど控え目ソフト柔らかい柔軟しなやか軟化柔らか軟質軟弱柔いやんわりぼかすぼやかすぼやけるうやむやメローまったり丸いゆるやか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「柔和」の解説

【柔和】にゆう(にう)わ

やさしく、おだやか。〔史記、張釈之伝〕一人り、橋下より走りて出づ。乘輿の馬く。~尉當(判決)を奏す。一人蹕(ひつ)を犯すは、罰金に當ると。怒りて曰く、此の人親(みづか)らが馬をかす。吾が馬(さいは)ひに柔和なり。(も)し他の馬ならば、固(もと)よりを敗傷せざらんや。

字通「柔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android