コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷水塔 れいすいとう cooling tower

翻訳|cooling tower

3件 の用語解説(冷水塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷水塔
れいすいとう
cooling tower

温水をその温度より低い湿球温度をもつ空気と接触させると,水から空気中への蒸発が起り,空気がその蒸発潜熱を水から奪うため温水は冷却される。この操作を大冷却または冷水操作といい,これを工業的に大規模で行うため,温水を上部から降らし,向流式あるいは十字流式に空気と接触させるようにした装置を冷水塔という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れいすいとう【冷水塔 cooling tower】

工場やビルなどで使用される用水を循環再使用するための冷却装置クーリングタワー,冷却塔ともいわれる。鉄鋼,金属,化学工業などのプロセス工業においては種々の工程で大量の冷却水を使用している。また,ビルにおける冷房用にも冷却水が必要である。これらの冷却水を使い捨てにすることは水資源の保全およびコスト面からも好ましくないので,一般には循環再使用される。冷却法は,温水を空気に触れさせて一部を蒸発させ,蒸発潜熱を利用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷水塔
れいすいとう
cooling tower

発電所や化学工場では、大量の冷却水が使用されている。常温より5~10℃温度が上昇しただけの工業用水をそのまま排出してしまうことは不経済であり、省物資の立場からも循環再使用される。この排水の冷却には、特別の場合を除いて自己蒸発以外の方法は適用できず、このような冷却装置を広く冷水塔とよんでいる。[河村祐治]

原理

温度の高い水を温度・湿度の低い大気に接触させると水の一部が蒸発する。その際、蒸発に必要な潜熱を水自身より奪うこととなるため、残った水の温度は低下する。このことは、液体の自己蒸発に共通な原理であるが、水の蒸発潜熱は他の一般の液体に比して大きいため、比較的少量の水の蒸発によって大量の水の冷却が可能である。また、水の蒸発操作であるため環境汚染などのおそれはなく、開放的な条件下で工業的に実施できる利点がある。[河村祐治]

装置

大気と水との接触を効果よく行わせるため、中空あるいは格子その他の充填(じゅうてん)物を詰めた装置内で水を噴霧・落下あるいは流下させ、ここに大気を送風・接触させて自己蒸発を促す。気流を水流に対向して下方から送ることが多く、装置形状が塔型となることが多いので、一般に冷水塔とよばれているが、気流を水平方向に送る方形のものも少なくない。
 もっとも簡素な形式のものは、温水を噴水ノズルによって大気中に噴霧させ、自己蒸発しながら落下する水滴を開放貯水地に貯(たくわ)えて再利用するもので、冷水池とよばれている。[河村祐治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷水塔の関連キーワード工業用水安全靴雑用水再使用家庭用水生活用水都市活動用水循環血液量電力小売りの自由化桜川ポンプ製作所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone