コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍死 とうし death from cold

6件 の用語解説(凍死の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凍死
とうし
death from cold

寒冷に起因する低体温が原因の死。寒冷によって血液の粘性が増加すること,末梢血管が収縮して心臓の負担が増し,心機能の停止を招くことなどが原因と考えられる。凍死は低温のほか湿潤,強風,飲酒,疲労,空腹などによって促進される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐し【凍死】

[名](スル)凍えて死ぬこと。凍え死に。「冬山で凍死する」 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

凍死【とうし】

異常低温による全身障害で死亡すること。直腸温35℃で睡気,眩暈(げんうん),全身倦怠(けんたい),思考力減退,筋の硬直と痙攣(けいれん),30℃で意識混濁,心拍不整を示し,26℃以下では救出不能となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうし【凍死 death from cold】

寒冷にさらされて体温が低下すると,組織の酸素消費量の減少,血圧の低下,心拍動の減少,中枢神経系内分泌系呼吸器系臓器の機能低下などが起こり,ついには死亡する。このような死を凍死という。外界の温度が低いほど凍死しやすいが,必ずしも氷点下である必要はない。また,通気性がよいこと,身体や着衣がぬれていることなどで放熱が激しい場合や,過労,低栄養,老齢などの条件は凍死を促進させる。一方,凍死ではほとんどの場合,単に寒さ以外に,遭難,傷病による意識障害,酩酊,精神病老人性痴呆などによる幻覚や知覚障害,せっかんによる屋外放置など,寒冷から逃れられない条件が存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうし【凍死】

( 名 ) スル
寒さでこごえ死ぬこと。 [季] 冬。 「眠ったら-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凍死
とうし

外界の気温などが体温調節機構の限界を超えるほどに低くなり、その結果として循環機能や神経機能が麻痺(まひ)し、ついには死亡することをいう。凍死は大部分が事故、災害によるものであるが、ときに乳幼児や精神病者等に対する虐待(戸外放置や暖房のない室内放置)の結果としておこる場合もある。凍死の発生条件としては環境温度が低いことがあげられるが、その温度は零下である必要はないため、凍死体に凍傷が存するとは限らない。また、風呂(ふろ)あがりに身体がぬれたまま扇風機の前に立つと、異常に寒く感じることはよく経験されるが、このように通風とか湿気も体熱を奪う重要な条件である。とくに全身が冷水につかった場合、それが5℃の水温であると、数時間以内で凍死するといわれている。こうした条件のほか、着衣の厚薄、年齢、栄養状態、疲労程度、創傷・疾病の有無、酩酊(めいてい)などが関係する。とくにアルコール酩酊時には、中枢機能の失調、皮膚血管の拡張がおこり、著しく体温が放熱されるので凍死する危険性は高い。
 凍死の経過は、興奮期、失調期、麻痺期、虚脱期の四期に分けられ、最後は心室細動、呼吸麻痺、酵素活性の低下などを惹起(じゃっき)し、死に至るが、死亡時の直腸温は26~30℃内外まで低下するといわれる。一般に凍死体は特異所見に乏しいが、右心房・心室内血液の暗赤色に対して、左心房内は鮮紅色を呈することが多く、これは、死亡直前に吸引した冷気中の酸素が左心系血液のヘモグロビンと結合するためで、凍死体に特有ともいわれている。そのほか、死斑(しはん)が鮮紅色になることも知られているが、これは、皮膚からしみ込んだ酸素が同部のヘモグロビンと結合するためで、凍死以外の死体を低温下に置いても認めうる所見である。なお、凍死体のなかには、原因はよくわからないが、着衣を脱ぎ捨て、ときには全裸で発見されるという報告がある。[古川理孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の凍死の言及

【凍傷】より

…低温による損傷の一種。低温による損傷には,(1)局所の循環障害による凍瘡(とうそう)(霜焼け),(2)組織の凍結による凍傷,および(3)全身的反応による凍死がある。損傷を起こす温度は必ずしも氷点以下とは限らず,湿度,風速,金属など熱良導体との接触の有無などにも左右され,また個体の栄養状態,年齢,疲労度,低温にさらされる時間も関与してくる。…

※「凍死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

凍死の関連キーワード低体温症野晒し描サラササラサ形サラサ紙サラサ革副甲状腺機能低下症低体温じん肺被害低体温症 (hypothermia)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凍死の関連情報