コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畳む タタム

2件 の用語解説(畳むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たた・む【畳む】

[動マ五(四)]
広げてある物を折り返して重ねる。折って小さくまとめる。「布団を―・む」「ハンカチを―・む」
広げたものを折るようにして閉じたり、すぼめたりする。「扇を―・む」「傘を―・む」
その場所で続けてきた商売や生活をやめてしまう。片付けて、よそへ移る。引き払う。「所帯を―・む」「店を―・む」
心の中に秘めておく。「胸に―・んで話さない」
構築のために石などを敷き詰めたり、積み重ねたりする。
「温泉ごのみに石で―・みました風呂は」〈鏡花・眉かくしの霊〉
幾重にも重ねる。積み重ねる。
「翠りを―・む春の峰」〈漱石草枕
俗に、暴力でいためつける。やっつける。「ひと思いに―・んでしまえ」
積み重なる。
「用ガ―・ンデキタ」〈和英語林集成
[可能]たためる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たたむ【畳む】

( 動五[四] )
広げてあるものを折り重ねて小さくする。 「着物を-・む」 「布団を-・む」
開いていたものを閉じる。 「傘を-・む」
それまでの商売・暮らしなどをやめて家を引き払う。 「店を-・む」 「家を-・む」
心中に秘める。 「その思を我胸一つに-・んで/雁 鷗外
道に敷石などを敷く。 「石を-・んで庫裡くりに通ずる一筋道/草枕 漱石
殴ったり蹴ったりしてやっつける。殺す。 「 - ・んでしまえ」
幾重にも折り重なる。 「用ガ-・ンデキタ/ヘボン 三版」 「氷の上に-・む白波/山家
[可能] たためる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畳むの関連情報