コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畳む タタム

デジタル大辞泉の解説

たた・む【畳む】

[動マ五(四)]
広げてある物を折り返して重ねる。折って小さくまとめる。「布団を―・む」「ハンカチを―・む」
広げたものを折るようにして閉じたり、すぼめたりする。「扇を―・む」「傘を―・む」
その場所で続けてきた商売や生活をやめてしまう。片付けて、よそへ移る。引き払う。「所帯を―・む」「店を―・む」
心の中に秘めておく。「胸に―・んで話さない」
構築のために石などを敷き詰めたり、積み重ねたりする。
「温泉ごのみに石で―・みました風呂は」〈鏡花・眉かくしの霊〉
幾重にも重ねる。積み重ねる。
「翠りを―・む春の峰」〈漱石草枕
俗に、暴力でいためつける。やっつける。「ひと思いに―・んでしまえ」
積み重なる。
「用ガ―・ンデキタ」〈和英語林集成
[可能]たためる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたむ【畳む】

( 動五[四] )
広げてあるものを折り重ねて小さくする。 「着物を-・む」 「布団を-・む」
開いていたものを閉じる。 「傘を-・む」
それまでの商売・暮らしなどをやめて家を引き払う。 「店を-・む」 「家を-・む」
心中に秘める。 「その思を我胸一つに-・んで/雁 鷗外
道に敷石などを敷く。 「石を-・んで庫裡くりに通ずる一筋道/草枕 漱石
殴ったり蹴ったりしてやっつける。殺す。 「 - ・んでしまえ」
幾重にも折り重なる。 「用ガ-・ンデキタ/ヘボン 三版」 「氷の上に-・む白波/山家
[可能] たためる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

畳むの関連キーワード小田原提灯・小田原提燈ミズカマキリ(水蟷螂)アコーディオンゲート折り畳み・折畳みユビナガコウモリ面合わせ・面合せ箱提灯・箱提燈胸三寸に納める折り屋・折屋イカリモンガ所帯・世帯折畳み椅子ブリモドキ知覧傘提灯畳み上げるフレックスエボシダイ胸に納めるオニグモ畳み梯子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

畳むの関連情報