コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子模型 ブンシモケイ

デジタル大辞泉の解説

ぶんし‐もけい【分子模型】

分子の立体的な構造などを用いて表すもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんしもけい【分子模型】

分子の立体構造を表すために、原子を表す球や多面体を化学結合に対応するように結びつけた模型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分子模型
ぶんしもけい
molecular model

原子の幾何学的配列から推定される分子構造が本来の分子模型で、メタン分子の正四面体型構造や、ベンゼンにおける炭素原子六員環構造などがそれに相当する。しかし、分子構造解析の技法が進歩した現在では、球や棒などを用いて立体的に組み立てられる模型をさすのが普通である。研究者が木、紙、プラスチックなどで自作するものもあり、セットあるいはキットとして市販されているものもある。市販品のなかでHGS模型は、結合の方向に穴をもつ多面体あるいは球を原子とし、プラスチックの棒を結合とするもので、結合角、結合距離を理解するのに適している。ドライディング模型は、結合の方向に継手(つぎて)をもつジョイントで原子、金属棒で結合、適当な部品でベンゼン環などの構造を表すもので、これも距離や角度の理解に適する。スチュアート模型は、原子をファン・デル・ワールス半径の球あるいは部分球とし、凹凸の結合部あるいは結合部材で連結するもので、分子の大きさ、形、立体障害の理解に適する。
 コンピュータの利用によって紙面あるいはスクリーン上に分子あるいは結晶構造の二、三次元的画像を描出する方法は、既知の構造を理解するだけでなく、新しい分子の設計合成の手段としても利用される。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

分子模型の関連キーワードG.S. ステントクラウンエーテルウィルキンス分子生物学結晶模型化学結合立体構造

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分子模型の関連情報