コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利原 りげん(R)Iwŏn

2件 の用語解説(利原の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りげん【利原 (R)Iwŏn】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡南道中央部にある沿海の郡。郡の大半は1000m級の山地によって覆われているが,利原湾に沿って狭小な平野がみられ,また利原港,遮湖港など水深の深い天然の良港がある。近海にメンタイ(スケトウダラ),サバなどの世界的漁場があり,水産等の基地となっている。山地にかけては鉄鉱石,ケイ石,滑石などの鉱山が分布し,鉱業も盛んである。新羅の真興王による6世紀半ばの遠征を記した真興王拓境碑所在地として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利原
りげん / リウォン

北朝鮮、咸鏡(かんきょう)南道利原郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。鉄の産地として知られる。邑は北朝鮮の東海岸(日本海側)に面し、海岸沿いの平野では米、アワ、大豆などの農産物を産出している。利原鉄山は邑の南方にある。赤鉄鉱が主であるが磁鉄鉱、黄鉄鉱を伴う。鉱床は品位45~50%である。郡内の万徳山にあった新羅(しらぎ)の真興王(在位540~576)の巡狩碑は現在咸興歴史博物館本宮分館に保存されている。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

利原の関連情報