コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺創(読み)しそう(英語表記)stab wound

デジタル大辞泉の解説

し‐そう〔‐サウ〕【刺創】

先のとがった硬いものが刺さってできる傷。刺し傷。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刺創
しそう
stab wound

とげ、針、刀、槍(やり)、鉄材、竹材など大小の先端のとがった物体が刺さって生ずる創傷(そうしょう)である。傷口は小さいが深いのが特徴で、深部臓器損傷や細菌感染をおこしやすい。太く深い刺入物は抜くと急速に出血をきたすことがあるので、処置ができるまで抜去しないほうがよい。眼窩(がんか)、鼻腔(びくう)からの脳損傷や肺、気道損傷による気胸、血胸、呼吸不全は重篤であり、心臓損傷はしばしば致命的である。消化管損傷は腹膜炎を、肝、脾(ひ)、腎(じん)などの実質性臓器や大血管損傷では出血により生命の危険をきたす。四肢や浅い創(きず)では生命の危険は少ないが、破傷風やガス壊疽(えそ)の感染をおこしやすいため異物の除去、創の開放、洗浄、抗生物質の投与、破傷風の予防が必要である。[荒木京二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の刺創の言及

【傷】より

…これらのうちで最も多く経験されるのは機械的な外力による損傷(機械的損傷)であり,この機械的損傷が外傷traumaや創傷wound,あるいは〈きず〉〈けが〉にほぼ相当する。外傷も創傷も,損傷の開放性,非開放性のいかんを問わず用いられるが,創傷の場合,〈創〉の1字だけだと開放性機械的損傷(たとえば切創,刺創,射創など)を,〈傷〉の1字だけだと非開放性機械的損傷(たとえば打撲傷など)を意味する。もちろん,この二つは必ずしも明確に区別されているわけではない。…

※「刺創」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android