コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前捌き マエサバキ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐さばき〔まへ‐〕【前×捌き】

相撲で立ち合いの時、先手を取るため相手の手をしぼり、いなすなどして、有利な体勢をつくること。
主要な事柄を順調に進めるため、あらかじめ行う処理。事前処理。下準備。「審議会提出には前捌きが必要だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まえさばき【前捌き】

相撲で、立ち合い後、自分の得意の体勢になるために、両者が互いに相手の手をはねかえして争うこと。 「 -のうまい力士」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android