コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚久雄 おおつかひさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塚久雄
おおつかひさお

[生]1907.5.3. 京都
[没]1996.7.9. 東京
経済史学者,東京大学名誉教授。 1930年東京大学卒業後,同大学助手,法政大学助教授,同教授を経て,39年東京大学助教授,47年同教授。 68年退官後,国際基督教大学教授。近代資本主義の特質をプロテスタンティズムとの関連で究明した M.ウェーバーの影響を強く受けながら,近代資本主義の成立過程をマルクス経済史学の立場から明らかにしようとした。学術会議会員。 92年文化勲章受章。主著『近代欧州経済史序説』 (1944) ,『近代資本主義の系譜』 (46) など著書多数。『大塚久雄著作集』 (13巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおつか‐ひさお〔おほつかひさを〕【大塚久雄】

[1907~1996]経済史学者。京都の生まれ。法大教授・東大教授・国際基督教大学教授。マックス=ウェーバーマルクスを研究し資本主義形成について独自の理論を確立。著作に「株式会社発生史論」「近代欧洲経済史序説」「共同体の基礎理論」など。平成4年(1992)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大塚久雄【おおつかひさお】

経済史学者。京都府出身。1939年−1967年,東京大学で西洋経済史を講じ,マルクスの経済分析をM.ウェーバーの社会学的研究法で補完統一する,大塚史学といわれる独自な史学を開拓した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚久雄 おおつか-ひさお

1907-1996 昭和-平成時代の経済史学者。
明治40年5月3日生まれ。法大教授をへて,昭和22年母校東大の教授。43年国際基督(キリスト)教大教授。ウェーバーとマルクスの影響をうけ,「株式会社発生史論」「近代欧洲経済史序説」で比較経済史研究を確立。「大塚史学」とよばれ,政治学丸山真男,法社会学川島武宜とともに戦後の社会科学におおきな影響をあたえた。平成4年文化勲章。平成8年7月9日死去。89歳。京都出身。著作に「近代資本主義の系譜」「共同体の基礎理論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおつかひさお【大塚久雄】

1907‐96(明治40‐平成8)
西欧市民社会の形成過程を経済と思想のダイナミズムに即して究明し,大塚史学と呼ばれる独自な世界史把握を打ち出した経済史家。京都市に生まれる。第三高等学校を経て東京帝国大学経済学部を1930年(昭和5)に卒業。在学中内村鑑三に師事して無教会派のキリスト者となる。39年から68年まで東京大学で教え,数多くの歴史研究者を育てた。大塚史学の理論的基礎はマルクスとウェーバーの理論についての大塚の強靱な主体的読み込みにあり,実証的には1930年代のヨーロッパにおける歴史研究が到達した小生産者的発展を軸とする資本主義成立史理解に依拠していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおつかひさお【大塚久雄】

1907~1996) 経済史学者。京都府出身。東大教授。マックス=ウェーバーやマルクスの研究を通じて、ヨーロッパの近代経済形成を独立自営農民層の発展に求める大塚史学を確立。著「近代欧州経済史序説」「共同体の基礎理論」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塚久雄
おおつかひさお
(1907―1996)

西洋経済史学者。明治40年5月3日京都府に生まれる。1930年(昭和5)東京帝国大学経済学部を卒業、法政大学教授を経て東京大学教授。1968年(昭和43)定年退官後、国際基督(キリスト)教大学教授。マックス・ウェーバーの宗教社会学の手法とマルクスの唯物史観を総合した独自の学説は「大塚史学」とよばれ、日本の経済史、思想史研究に大きな影響を及ぼしている。『株式会社発生史論』(1938)を経て生まれた主著『近代欧洲(おうしゅう)経済史序説』(1944)は、イギリスの近代的産業資本の形成主体を農村の中産的生産者(ヨーマン)に求め、日本資本主義の前近代性を強く示唆した労作として名高い。『近代資本主義の系譜』(1946)、『宗教改革と近代社会』(1948)も第二次世界大戦後の民主化の気運をリードした。その後、『共同体の基礎理論』(1955)で共同体の諸類型の歴史から近代社会の生成を説く一方、『社会科学の方法』(1966)、『社会科学における人間』(1977)ではマルクス疎外論とウェーバーの経済倫理分析を駆使しながら、現代世界の人間類型の学際的研究を提唱するなど視野は広い。1992年(平成4)文化勲章を受章。東京大学名誉教授。[望月清司]
『大塚久雄・安藤英治・内田芳明・住谷一彦著『マックス・ヴェーバー研究』(1965・岩波書店) ▽『大塚久雄著作集』全13巻(1969~1986・岩波書店) ▽『共同体の基礎理論』(岩波現代文庫) ▽大塚久雄著『欧州経済史』(岩波現代文庫) ▽『社会科学の方法』(岩波新書) ▽『社会科学における人間』(岩波新書) ▽内田芳明著『ヴェーバーとマルクス――日本社会科学の思想構造』(1972・岩波書店) ▽杉山光信著『思想とその装置1 戦後啓蒙と社会科学の思想』(1983・新曜社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大塚久雄の言及

【ウェーバー】より

…戦前のマルクス主義が学問の領域で,普遍的歴史法則と絶対知の発見という教義体系を作り出す方向へと強く作用したのに対して,それとの鋭い内的な緊張関係を通して,ウェーバーに学びつつ社会的経験の意識化のあり方と科学の〈仮説性〉とを結合させ,科学的記述と〈価値〉を峻別することによって,戦中から戦後にかけて日本の社会科学を建設した人々が存在する。政治学の丸山真男,経済史の大塚久雄,法社会学の川島武宜といった人々がその代表的な例で,おのおのの個別研究の対象と具体的な成果の相違を超えて共通するのは,日本の近代社会における科学的認識とその方法的自覚の重要性についての強烈な意識であったといえよう。〈理念型〉〈価値自由〉〈実践意欲の禁欲〉に深く学びながら,いずれも〈ウェーバー研究〉という方向をとらず,日本社会の実証的,内在的〈批判〉や,その〈鏡〉としての西洋経済史研究を試み,経験科学が思想形成力の拠点となりうることを示した。…

【共同体】より

… マルクスによれば,産業資本の成立は人格的自由と直接労働者の生産手段からの分離(いわゆる〈二重の自由〉)を前提し,そのどちらも共同体の解体の中から生ずる。近代市民社会の成立を,私的個人が共同体関係の解体から現れてくる過程として歴史的に分析したのが,大塚久雄,高橋幸八郎らいわゆる大塚史学の人々である(《講座西洋経済史》1960)。ここで研究対象となっている共同体は,主として村落共同体,都市共同体およびギルドである。…

【西洋史学】より

…また上原専禄のドイツ中世史研究は,原史料の綿密な操作という点で,これまた画期的なものであり,その学統は経済史の面では増田四郎(1908‐97),国制史の分野では堀米庸三(1913‐75)に継承されて,第2次大戦後の西欧中世史研究を基礎づけることとなった。 今井の門下からは,当時異端視されていたマルクス主義の歴史観に立つ新世代の研究者も輩出し,そこへ大塚久雄の理論的にすぐれた近代資本主義研究からの強い影響が加わって,日本の敗戦に続く戦後改革の時期には,かつての政治史にかわって社会経済史が学界の主流を形成した。〈近代化〉という実践的な問題意識のもとで,封建制,絶対主義,市民革命,産業革命などの諸問題が,世界史の立場から比較史的方法にもとづいて研究され,また現代史の分野では帝国主義と民族独立運動,ファシズムと国際的労働運動・社会主義革命などのテーマも,欧米学界の新たな成果や史料収集に支えられて,本格的に取り組まれるようになった。…

【前期的資本】より

…このように資本主義以前に存在し,産業資本と異なる運動をする古い型の資本が前期的資本である。この概念は,資本主義発達史の研究において産業資本と対立する資本類型として,大塚久雄によって提起されたが,マルクスはこれを〈資本の近代的基礎形態〉である産業資本に対して〈資本の大洪水以前的形態〉と呼んでいる。 前期的資本には商業資本高利貸資本があり,前者には商品取扱資本と貨幣取扱資本がある。…

※「大塚久雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大塚久雄の関連キーワードプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神東インド会社(ひがしいんどがいしゃ)ウェーバー(Max Weber)特権マニュファクチュアマニュファクチュア論争マニュファクチュアアジア的共同体寄生地主論争イデオロギー共同体思想毛織物工業村落共同体道徳社会学前期的資本大塚 久雄戸谷 敏之農業共同体マックス移行論争戸谷敏之

大塚久雄の関連情報