コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前畑秀子 まえはたひでこ

5件 の用語解説(前畑秀子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前畑秀子
まえはたひでこ

[生]1914.5.20. 和歌山,橋本
[没]1995.2.24. 岐阜,岐阜
水泳選手。椙山女子専門学校卒業。 1932年ロサンゼルスオリンピック競技大会に参加,女子 200m平泳ぎで2位に入賞。 1936年ベルリンオリンピック競技大会では同種目に優勝し,日本女性で初の金メダルを獲得した。 1937年結婚してからは兵藤姓。第2次世界大戦後は幼少年の水泳普及に尽力。 1964年紫綬褒章受章。 1981年日本女子で初めてアメリカの水泳殿堂入りを果たし,さらに国際オリンピック委員会 IOCよりオリンピック・オーダー銀章を受けた。 1990年文化功労者に選定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

前畑秀子【まえはたひでこ】

水泳選手。和歌山県出身。早くから平泳ぎで頭角をあらわし,日本の第一人者となる。1932年のロサンゼルスオリンピックで200m平泳ぎ2位,1936年のベルリンオリンピックでは200m平泳ぎで優勝し,金メダルを獲得した。
→関連項目背泳ぎ葉室鉄夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前畑秀子 まえはた-ひでこ

1914-1995 昭和時代の女子水泳選手,指導者。
大正3年5月20日生まれ。昭和7年ロス五輪200m平泳ぎで銀メダル。11年ベルリン五輪の同種目で日本女性初の金メダル。「前畑がんばれ」のラジオ実況放送が全国をわかせた。結婚後,ママさん水泳教室などで指導。平成2年文化功労者。平成7年2月24日死去。80歳。和歌山県出身。椙山女学園卒。本名は兵藤秀子

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まえはたひでこ【前畑秀子】

1914‐95(大正3‐平成7)
女子水泳選手。和歌山県出身。椙山女学園卒業。在学中から平泳選手として日本の第一人者となり,第10回ロサンゼルス・オリンピック大会(1932)に出場,200m平泳で差の2位となり,世界的に知られた。雪辱を期した第11回ベルリン・オリンピック大会(1936)の女子200m平泳で,ドイツの14歳の選手M.ゲネガーと大熱戦を演じ,日本最初の女子金メダリストとなった。このときNHK河西三省アナウンサーが〈前畑がんばれ〉と連呼した実況放送は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前畑秀子
まえはたひでこ
(1914―1995)

オリンピックで優勝した水泳選手。和歌山県橋本町生まれ。1932年(昭和7)のオリンピック・ロサンゼルス大会200メートル平泳ぎでデニスオーストラリア)に敗れて2位。選手になって初めての敗戦で、4年後のオリンピック・ベルリン大会まで毎日2万メートルを泳いで雪辱を期し、大会では強敵ゲネンゲル(ドイツ)と息詰まる接戦を演じたが、1ストローク差で優勝。実況中継したNHKの河西(かさい)アナウンサーが「前畑がんばれ」と声援した話は有名である。結婚して兵藤(ひょうどう)姓となる。83年(昭和58)4月水泳教室で指導中脳出血で倒れたが、1年余の闘病生活を終えて社会復帰した。1981年オリンピック功労賞(銀賞)を日本女性として初めて受賞した。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の前畑秀子の言及

【水泳】より

…幾多の改正を経て,手足の動作はすべて水中で左右同時に対称的に行い,つねに頭の一部が水面上に出ていなければならないという現行ルールが誕生した。日本では1928年のアムステルダム大会の200mで鶴田義行が2分48秒8で日本水泳選手として初めて優勝して以来,小池礼三,葉室鉄夫ら名選手が続き,女子選手でも前畑秀子がベルリン大会で日本女子選手の金メダル第1号になった。56年のメルボルン大会では潜水泳法を駆使した古川勝,吉村昌弘が金,銀メダルを獲得したが,大会後,潜水泳法は禁止された。…

※「前畑秀子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

前畑秀子の関連キーワードイタリア映画ロッキード事件フランツゼーデルブロム長谷場純孝常陸山谷右衛門バーナーズ広域噴火熱雲湯浅景介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前畑秀子の関連情報