コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前置き マエオキ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐おき〔まへ‐〕【前置き】

[名](スル)
文章や談話などで、本題に入る前に述べること。また、その言葉。「事情を前置きしてから話し始める」
立花(りっか)役枝(やくえだ)の一。水際挿す草木。→七つ道具

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まえおき【前置き】

( 名 ) スル
本題にはいる前に関連のあることなどを述べること。また、その言葉。前口上。 「彼の話は-が長い」 「長々と-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前置きの関連キーワードペリクレスの戦没者葬送演説(抄)トヨタ自動車の86(ハチロク)集団面接(グループ面接)そんなの関係ねえ新旧両派の争いハローケイスケ嵩から出る長たらしいプロローグ驚くなかれダローの書ぶっちゃけ福井空襲動作研究単刀直入けれども長長しい置浄瑠璃大和国家脱領土化

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前置きの関連情報