コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前適応 ぜんてきおう preadaptation

3件 の用語解説(前適応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前適応
ぜんてきおう
preadaptation

生物にとっての環境条件が変化した際,それに適応するような変異があらかじめ生じていたとき,その生物は前適応していたといわれる。フランスの進化学者 L.キュエノーの造語。現行の正統進化理論では,環境に合う有利な突然変異が選び出されて進化が生じるとしているので,進化は,ある見方ではすべて微小な前適応の集積ということにさえなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐てきおう【前適応】

生物のある形質が、進化の過程で元来とは別の機能や役割をもつ形質として転用されること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんてきおう【前適応 preadaptation】

生物進化に関する概念の一つ。ある生物の器官や行動が,特定の生活または機能に対する適応を進化させてきたとき,それがそれまでとはまったく異なった生活または機能に対してもたまたま適応性をもつことがあり得る。その場合,もしその生物がその異なった生活または機能を採用するように変わる機会があれば,その適応性によってそれまでとは異なる路線の進化を開始することが可能になる。これが前適応の考え方である。この概念は大進化を説明するうえで,ネオテニーと並んで,重要なものであると考えられており,例えば脊椎動物の進化での顎骨や羊膜卵や翼の出現を説明するためにしばしば用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

前適応の関連キーワード最近類種概念植物界動物界類概念オルソゲネシス化学合成有機栄養生物進化相関の法則進化非逆行の法則生物進化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone