コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割(り)書(き) ワリガキ

デジタル大辞泉の解説

わり‐がき【割(り)書(き)】

本文の間に2行に分けて細字で注などを入れること。また、その注。割り注。
歌舞伎狂言浄瑠璃名題などの上に行を割って書かれた文句。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

割(り)書(き)の関連キーワード平内吉政森田思軒平内正信平内政信住宅和船戸籍敷居細字匠明角書木割

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android