コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邦枝完二 くにえだかんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邦枝完二
くにえだかんじ

[生]1892.12.28. 東京
[没]1956.8.2. 鵠沼
小説家。本名,莞爾。永井荷風に師事し,『三田文学』の編集に従った。 1915年『時事新報』記者,次いで帝国劇場文芸部に移った。小説の処女作は『廓の子』 (1912) 。新聞連載小説『歌麿』 (31) や『お伝地獄』 (34~35) で大衆文学の代表作家となり,幅広い活躍を続けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

邦枝完二【くにえだかんじ】

小説家。本名莞爾。東京生れ。慶大中退。永井荷風に師事。《時事新報》,帝劇文芸部につとめた。官能的で江戸趣味豊かな小説を書き,読物作家として知られた。《東洲斎写楽》《歌麿》《お伝地獄》その他がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邦枝完二 くにえだ-かんじ

1892-1956 大正-昭和時代の小説家。
明治25年12月28日生まれ。永井荷風の影響をうける。時事新報社,帝劇文芸部勤務ののち文筆に専念。「東洲斎写楽」「歌麿をめぐる女達」「お伝地獄」など,江戸情緒と官能美をえがいて流行作家となった。昭和31年8月2日死去。63歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)中退。本名は莞爾(かんじ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

邦枝完二
くにえだかんじ
(1892―1956)

小説家。東京生まれ。本名莞爾(かんじ)。商工中学卒業後、慶応義塾予科に入学、永井荷風(かふう)に師事し、『三田文学』の編集に従事、同誌に『蝙蝠安(こうもりやす)』『柳ちる日』『栴檀(せんだん)樹下低唱』などの小説、戯曲、詩を発表した。1917年(大正6)時事新報入社、運動部記者を経て文芸部長に就任したのち、帝劇文芸部に移り、脚本を執筆のかたわら帝劇女優学校長を務めた。23年以後、作家専業となり、『東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)』(1928)、『歌麿(うたまろ)をめぐる女達』(原題『歌麿』。1931)、『お伝地獄』(1934~35)などの江戸情緒豊かに官能美を描出した作品で、作家としての位置を確立した。[磯貝勝太郎]
『『大衆文学大系13 邦枝完二他集』(1972・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の邦枝完二の言及

【大和楽】より

…美しいメロディの曲が多く,二重唱,輪唱などの手法をとり入れるなどして変化をつけている。代表曲に《隅田川》(長田幹彦作詞,岸上きみ作曲),《あやめ》(長田幹彦作詞,宮川源司作曲),《団十郎娘》(邦枝完二作詞,宮川源司作曲)など。【竹内 道敬】。…

※「邦枝完二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

邦枝完二の関連キーワード歌麿をめぐる五人の女尾上松助(4代)清水 三重三長崎 謙二郎山村 耕花小村 雪岱神保 朋世昭和時代風間 完小村雪岱神保朋世小説家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android