加助郷(読み)かすけごう

大辞林 第三版の解説

かすけごう【加助郷】

江戸時代、交通量の増大に伴って新たに追加された助郷。増まし助郷。 → 助郷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加助郷
かすけごう

(まし)助郷ともいう。江戸時代、交通量の増大に伴い、本来の助郷(定(じょう)助郷)のほかに、宿駅より数里も離れた村々にまで拡大して助郷役を課すること。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐すけごう ‥すけガウ【加助郷】

〘名〙 江戸中期以降、宿駅の定助郷に追加して徴発された助郷をいう。定助郷よりも若干遠距離の三、四里程度の村々が指定されたもので、宿駅や定助郷の人馬だけでは不足するときに限って、そのつど宿駅が道中奉行に願い出て御証文の下付をうけ、人馬を割り当てたが、後には、宿駅、定助郷と特別の取決めをして、一定の人馬を恒常的に出すように固定化した。〔追分宿書(1820)上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の加助郷の言及

【助郷】より

…代りに務める代助郷は一般に遠隔地のため,代金納にすることが多かった。この人馬請負の稼ぎと宿助郷の負担軽減のため宿駅,定助は助郷拡大を望み,また幕府も定助を補う加(か)助郷,増(まし)助郷,当分助郷などの諸種の助郷を設け宿駅制維持に努め,これらに指定される村と宿,定助との対立もしばしば発生した。幕末には宿伝馬利用が激増し,助郷の指定が広範に行われ,宿,助郷の負担を増大させるとともに,両者間の緊張を高めた。…

※「加助郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android