コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加唐島 かからしま

4件 の用語解説(加唐島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加唐島
かからしま

佐賀県北部,東松浦半島北方の小島。唐津市に属する。漁業と畑作の島で,キリスト教徒が多く,教会や修道院がある。先史遺跡があり,景勝の地で玄海国定公園に属する。呼子港から定期船が就航。面積 2.81km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かから‐じま【加唐島】

佐賀県北西部、壱岐(いき)水道にある南北に細長い島。唐津市に属する。東松浦半島北西端の波戸(はど)岬の沖合約3.5キロメートルに位置する。面積2.8平方キロメートル、最高点123メートル。台地状の島で、北岸には玄武岩柱状節理見られるツバキが多く自生し、ツバキ油を産するため「椿の島」として知られる。玄海(げんかい)国定公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕加唐島(かからしま)


佐賀県北西沖、壱岐(いき)水道に浮かぶ島。面積2.8km2。唐津(からつ)市に属する。南北に細長い島で、断崖(だんがい)海岸に囲まれる。北岸には玄武岩(げんぶがん)の柱状節理(ちゅうじょうせつり)が発達。最高点は標高123m。大泊(おおどまり)・加唐島の2地区に集落があり、沿岸漁業が営まれる。東松浦(ひがしまつうら)半島の唐津(からつ)市呼子(よぶこ)港と定期船が結ぶ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加唐島
かからじま

佐賀県北西部、壱岐(いき)水道にある島。唐津(からつ)市に属する。東松浦半島北西端の波戸岬(はどみさき)沖合い約3.5キロメートルにある。面積2.84平方キロメートル、最高点標高123メートル。西半は粗面岩類、東半は玄武岩類からなる台地状の島で、水田はない。周囲には断崖(だんがい)が多く、玄武岩のみごとな柱状節理もみられて、玄海(げんかい)国定公園の一部をなす。断崖のない南端緩斜面には漁業中心の集落が分布し、その前面に人工の漁港がある。関係の深い呼子(よぶこ)港との間に定期便が通う。また、北部に大泊(おおどまり)漁港がある。漁業はイカ、ブリなどの一本釣りが主体。イワシ、タコ、テングサなども水揚げする。畑作はダイコン、ニンニク、いも類などが中心。北部にはツバキが多く自生し、「椿の島」として知られる。ツバキの実は特産。古来、朝鮮方面との交通ルートにあったので、百済(くだら)の武寧王(ぶねいおう)誕生や、新羅(しらぎ)遠征の神功(じんぐう)皇后などにまつわる伝説をもつ。人口191(2009)。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加唐島の関連キーワード壱岐水道加部島肥前心に浮かぶ目に浮かぶ思い浮ぶ胸に浮かぶ壱岐島呼子[町]生月〈町〉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加唐島の関連情報