加茂市(読み)かも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加茂〔市〕
かも

新潟県中部,新潟平野の南東部にある市。 1954年市制。同年下条,七谷の2村,55年須田村を編入。中心市街地の加茂信濃川の支流加茂川の谷口集落で,万治年間 (1658~61) から市場町として繁栄。現在も 1000軒以上の出店でにぎわう定期市が続いている。上流七谷地方の加茂紙を加工した渋紙,全国的に名高い桐だんす,建具の木工,加茂縞の織物など古くからの産業のほか,繊維,電気器具,食料品,電子産業などが行われ,複合産業が集積している。青海神社,加茂山公園があり,園内のユキツバキの群生は有名。信濃川河岸ではナシ,ブドウを産する。市域東部にある粟ヶ岳周辺は奥早出粟守門県立自然公園に属する。 JR信越本線,国道 290号線,403号線が通る。面積 133.72km2。人口 2万7852(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加茂市の関連情報