コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤武雄 かとう たけお

3件 の用語解説(加藤武雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

加藤武雄

小説家。明治21年神奈川県生。別名小林愛川。小学校で教鞭をとる。新潮社に入社し、『新潮』の編集、『文章倶楽部』の編集主任、『トルストイ研究』を創刊。『明治大正の文学早わかり』『郷愁』『夢見る日』等の著書がある。昭和31年(1956)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤武雄 かとう-たけお

1888-1956 大正-昭和時代の小説家。
明治21年5月3日生まれ。44年新潮社にはいる。「文章倶楽部(クラブ)」などの編集のかたわらかいた「郷愁」でみとめられ,農民文学作家として活躍。昭和2年農民文芸会を組織。のち通俗小説,少女小説に転じた。昭和31年9月1日死去。68歳。神奈川県出身。作品はほかに「悩ましき春」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤武雄
かとうたけお
(1888―1956)

小説家。神奈川県津久井郡川尻(かわしり)村(現、相模原(さがみはら)市緑(みどり)区)に生まれる。村の郵便局の事務員をしながら検定で小学校准教員の免許状をとり、神奈川県下の小学校教員を8年ほど勤める。1910年(明治43)上京、新潮社に入り『新潮』や『文章倶楽部(くらぶ)』の編集のかたわら創作に打ち込み、『郷愁』(1919)で認められた。続いて『夢見る日』(1920)、『処女の死』(1921)などの短編集を出し、郷土色豊かな作風を示した。同時に農民文学の理解者として自らも『土を離れて』(1925)など農民小説を書く。『久遠(くおん)の像』(1922~23)の通俗小説もある。[関口安義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤武雄の関連キーワード生田花世伊藤人誉翁久允尾島菊子小寺菊子作田彦須藤鐘一諏訪三郎寺崎浩寺本忠雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone