コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ジョ

3件 の用語解説(助の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょ【助】[漢字項目]

[音]ジョ(呉) [訓]たすける たすかる すけ すける
学習漢字]3年
〈ジョ〉
たすける。たすけ。「助言助成助長助命助力一助援助救助互助賛助自助神助扶助補助
主となるものの添えとして働く。「助詞助手助役助教授
〈すけ〉「助太刀雲助三助甚助福助
[名のり]たすく・ひろ・ます

すけ【助】

[名]
助けること。手伝うこと。また、その人。
「貴様だったろう、爺の―をして遣ったのは」〈木下尚江良人の自白
芝居・演芸などで、応援出演する人。また、ある人の代わりに出演する人。代演。
歌舞伎台本を合作するとき、立作者(たてさくしゃ)を補助する立場の作者。
他人の杯の酒を当人に代わって飲むこと。また、その人。
「間(あい)をいたせ、お―を仕れと仰せつけられ」〈浮・禁短気・六〉
《婦女子をいう盗人などの隠語「なごすけ」の略》俗に、若い女性のこと。
[接尾]
事物の特徴などをとってそれに添え、人の呼称として用いる。「飲み」「ねぼ
受け答えなどの言葉の終わりを省略し、代わりに軽くふざけた気持ちで擬人化して添える。「合点承知の

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すけ【助】

[0][2] ( 名 )
手伝うこと。たすけること。また、その人。すけ手。 「小僧二人位を-にして半日でやりました/一隅より 晶子
芝居・落語・講談などで、応援出演すること。また、代演すること。 「 -に出て話をする」
支柱。 「 -ヲコウ/日葡」
人の杯の酒を手伝って飲むこと。また、その人。 「お-を仕れと仰付られ/浮世草子・禁短気」
〔不良仲間の隠語。「なごすけ」の略〕 女。
( 接尾 )
〔「…助」と人名に多く使われることから〕 名詞などに付けて人名化した語をつくる。
ある特徴をとらえてその人の呼称とする。 「飲み-」 「ちび-」
物事を擬人化していう。 「甚-(=「腎張じんばり」カラ)」 「合点承知の-(=「承知した」ノ意)」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助の関連キーワードコンサルティング率先提携手助け手伝い手伝う赴援保佐来援家事手伝い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

助の関連情報