コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝沼精蔵 かつぬませいぞう

4件 の用語解説(勝沼精蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝沼精蔵
かつぬませいぞう

[生]1886.8.28. 静岡
[没]1963.11.9. 名古屋
医学者。 1911年東京帝国大学医科大学卒業。 19年名古屋医学専門学校教授となり,同校の大学昇格に尽力し,名古屋大学付属病院院長,航空医学環境医学研究所所長となり,49~59年名古屋大学学長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝沼精蔵 かつぬま-せいぞう

1886-1963 大正-昭和時代の医学者。
明治19年8月25日生まれ。昭和14年名古屋帝大教授となり,24年学長。血液学,神経病学,航空医学など幅ひろい分野に業績をのこす。西園寺公望主治医をつとめた。大正15年「オキシダーゼの組織学的研究」で学士院賞。昭和29年文化勲章。昭和38年11月10日死去。77歳。静岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かつぬませいぞう【勝沼精蔵】

1886‐1963(明治19‐昭和38)
内科学・病理学者。静岡県出身。1911年東京帝国大学医学部卒業後,三浦謹之助につき内科学を,ついで長与又郎につき病理学を専攻した。19年愛知県立医学専門学校教授となり内科を担当,同校は愛知医科大学,名古屋帝国大学医学部と昇格したが,引き続いて内科学を担当した。その間,付属病院長を長年務め,40年航空医学研究所長,第2次大戦後は環境医学研究所長を経て,49年同大学学長に選ばれた。研究業績は多方面にわたるが,1926年〈オキシダーゼの組織学的研究〉により帝国学士院賞が授与され,帝国学士院会員に推された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝沼精蔵
かつぬませいぞう
(1886―1963)

内科医。静岡県生まれ。1911年(明治44)東京帝国大学医科大学を卒業。主として細胞内酸化還元酵素オキシダーゼの組織学的研究に従事、1919年(大正8)愛知県立医学専門学校(名古屋大学医学部の前身)教授。1924年ドイツで『Intrazellulare Oxydation und Indophenolblausynthese』を公刊、1926年帝国学士院賞受賞。このほか、血液学、無脳症など先天性形態異常、癌(がん)、結核、航空医学、老人医学など多岐にわたる研究業績がある。1932年(昭和7)から14年間大学附属病院長。西園寺公望(きんもち)の侍医としても知られ、1946年(昭和21)学長公選規程による初の名古屋大学学長に選出され、3期10年その職にあった。1954年文化勲章受章。昭和38年、第17回日本医学会総会会頭の現職のまま死去した。[神谷昭典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝沼精蔵の関連キーワード病理生理学古生物病理学石橋松蔵大島福造グレフ菅沼定男瀬尾雄三橋本寛敏箕田貢病理学者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone